【5D Mark III】フルサイズ機でEF-Sレンズを使ってみた

こんにちは。
ARTISTAです。
フルサイズでもEF-Sレンズを使う方法。


いつも応援ありがとう♪


スポンサーリンク


初心者は気をつけろ!

レンズの種類をチェックしよう


CanonにはEFレンズAPS-C専用EF-SレンズEF-Sレンズミラーレスカメラ専用EF-Mと3つの種類のレンズがあります。
おそらく人生で初めてカメラを買うとき多くの人がセンサーがAPS-Cのエントリー機を購入することでしょう。さらに本体とレンズがセットになっているレンズキットを購入する人がほとんどではないでしょうか。
例えばEOS Kiss X9i ダブルズームキット。

このEOS Kiss X9i ダブルズームキットにはES-S18-55mm、EF-S55-250mmのレンズが付属しています。そして写真が楽しくなってくると、新しいレンズが欲しくなることでしょう。
私も初めてレンズを足したのはEF-S60mm F2.8マクロ USMでした。

EF-S60mm F2.8マクロ USMは単焦点レンズです。単焦点が欲しくて安い純正を探してて見つけたレンズです。この頃私はレンズのことをよく知らず安いものを買った覚えがあります。レンズは資産なんて言葉をよく聞きますがこのEF-Sレンズには要注意です。この先APS-C機からステップアップしてフルサイズ機を購入した場合、資産と思っていたEF-Sは使用できません。タムロンやSIGMAのAPS-Cレンズはケラレが発生するけど付けることは可能らしいです。しかしフルサイズ機にEF-Sレンズは物理的に装着できません。EF-Mも同様です。今後ミラーレス機のみなら構いませんがフルサイズに移行する可能性があるのならミラーレス機でもEFレンズが装着できるようになるレンズマウントアダプター EF-EOSMを購入してEFレンズを購入した方がいいと思います。


最初が肝心です


EF-SやEF-Mで揃えているとフルサイズ機を購入した場合レンズ資産はゼロからのスタートになります。1からEFレンズを揃えないといけません。なので初めてカメラを購入するときは今後も見込んで「EFレンズ」を買いましょう。

使いたいのに使えない

レンズはあるのに付けれない。だから新しく買わないといけない。じゃあ買おうとはなかなかいかないのです。我が家にもEF-Sレンズが何本かありますが5D Mark IIIがメインとなった今、出番はほぼありません。最近はEOS Kiss X7にEF-S60mmをつけて2台持ちでやっています。このEF-S60mmが5D Mark IIIで使えたらと思うことが多々あります。ケラレてもいいからつけさせてくれって思います。
レンズたちを眺めていたら随分昔に買ったエクステンションチューブ EF25IIがあることを思い出しました。

Canonには「EF-Sレンズを含むほぼ全てのEFレンズで使用可能な接写用中間リング」と書いてある商品です。確かにこれはEF-Sレンズが装着できたし、5D Mark IIIにも装着できた。ってことはフルサイズ機とEF-Sレンズの間にエクステンションチューブをかましたらフルサイズでもEF-Sレンズが使えるかなと思ってやってみた。


EFF24-105mmF4LのMACRO領域で撮影したものです。


24-105_01

EFF24-105mmF4Lにエクステンションチューブをつけて撮影したもの。


24-205_02

結構寄れるようになりましたがピントの幅が狭いのでピント合わせに苦労します。


エクステンションチューブを使ってEF-S60mm F2.8マクロ USMをフルサイズ機で撮影したものです。


60

ピントは合わせはかなりシビアです。これで昆虫などは結構大変。近づいてもじっと止まっていてくれてる昆虫じゃないと難しい、、、。


5D Mark IIIにEF-S60mm F2.8マクロ USMをつけて撮影したカマキリです。


60-02

小指に乗るぐらいのものすごく小さなカマキリだったけどほとんど動かなかったので手持ちで粘ってなんとか撮れた一枚です。

60-03

カマキリの体にピントを合わせると出っ張っている目がボケてしまう。どこにピントを合わせるのか難しいです。AI SERVOで連写が一番いいかも。こういう時にミラーレス機のピーキング機能は羨ましいです。

結論

フルサイズ機でエクステンションチューブを使えば接写のみで使える。かなり限定された飛び道具的な感じです。実際こういう使い方をしていいものかもわからないので使用する際は自己責任でお願いしますね。EFレンズのマクロレンズを持っていなくてEF-Sのマクロレンズも持っているなら使ってもいいかもしれません。エクステンションチューブは軽いのでカバンに入れていても負担にはなりません。とりあえずカバンに入れとけばいつかマクロが楽しめるかもしれませんね。描写はというと安物レンズなのでご覧の通りかなり甘いです。5D Mark IIIに装着しても画質の向上は期待できません。私の場合はマクロはごくごくたまに興味本位で撮影するぐらいなのでわざわざEFレンズを買うのもなという感じですのでこの使い方はありですね。
ということでやっぱり買うならEFレンズで揃えていったほうが先々困らないことが多いと思います。レンズが高いのには色々な理由があるんだなと思うわけでした。


ちなみにこれは5D Mark IIIと24-105mmF4Lにエクステンションチューブをつけて撮影したものをEF-S60mmとほぼ同じ画角にトリミングしたものです。


24-205_03

これでも十分じゃないか、、、(笑)


物欲全開の欲しいものリストはこちらです。

list.png

今日のお話に出てきた商品の紹介です。


【見れば体験がわかるBlog2】
買い物レビューをしています。

スポンサーリンク