USB-CでiPad Proを活かす

こんにちは。

ARTISTAです。

iPad Pro用にUSB–Cハブを買いました。

いつも応援ありがとう♪


スポンサーリンク

style=”display:block”
data-ad-client=”ca-pub-9921814526346858″
data-ad-slot=”8482314122″
data-ad-format=”rectangle”>

ずっと狙っていたUSB−CハブがAmazonでセールになったので買ってみました。
買ったのは「omars」のUSB-C 9ポートハブです。

5DM31357

箱はなかなか立派なものでした。

5DM31360

ケーブルは太くてしっかりしているけど収納が不便です。

5DM31366

アルミの本体でかっこいい!

USB-Cのハブは安いものから高いものまでたくさん売られています。その中でもこのomarsを選んだ理由は「イヤホンジャック」と「SDカードスロット」と「電源共有」を搭載しているからです。結構探したんですがイヤホンジャックとカードスロットが搭載されているUSB-Cハブって少ないんです。

前回の記事ではiPad Proにイヤホンジャックが廃止されたがそれほど問題ないと書きました。

iPad Pro 2018は買うべき。
こんにちは。 ARTISTAです。 やっとiPadを新しくできました。

しかし実際に使っているとイヤホンジャックがないと不便なことが多かったです。人それぞれ使い方が違うので全員に当てはまることではないですが私の使い方ではイヤホンジャックは必要でした。iPad Proは仕事でもプライベートでもかなりの時間使っているので充電しながらイヤホンジャックを使いたくなるシーンが多いです。Bluetoothイヤホンを使えばいいのですがBluetoothイヤホンは充電が必須ですし使用時間に制限があることがわりとうっとしいです。充電し忘れて使えなかった時は萎えます。AirPodが良さそうですが値段が高い・・・。あとそもそも私はタイムドメイン理論のEarPhoneMが使いたいのでイヤホンジャックは必須です。

USB-C端子が一つしかないのは不便しかありませんね。しかも拡張するのにハブをつけなくてはいけないのは全くスマートではありませんね。ハブつけてやるならMacBookで良くない?ってなります。

そんなわけで新しく導入したUSB-Cハブのレビューをしていきます。

USB3.0

5DM31361

このハブにはUSB3.0が3つ搭載されています。iPad Proに繋げても3つ同時に使用することが可能でした。私は主に使うのは有線キーボードとiPhoneの充電です。

前回の記事ではキーボードはMagic KeyboardをiMacと併用して使っていると紹介しましたがペアリングが面倒すぎてキーボードの購入を考えていたらBUFFALOの有線ゲーミングキーボードをもらえたので今はそれを使っています。MacでUSで慣れているのでWindowsのJISキーボードは慣れないです。commandはどこ?ってなりました。微妙に配列も違うし使いにくい。とはいえ頂き物だしテンキーもついてるしiPad Proで気楽にキーボードが使えるようになったので良しとしています。

実際にiPad Proでキーボードを使ってみるとかなりいい感じ。有線キーボードでミニパソコンの完成!決してノートパソコンの代わりにはならない。けどある程度のことはiPad Proで完結できるしMacBookを出すまでもないという印象。強いて言うのならMac同様にライブ変換を実装してほしい。あとTabキーで変換候補を選べるようになるといいかな。

Smart Keyboardがあれば場所を問わずに文章を打てて理想ですが価格が高過ぎます。ちなみにこの文章はiPad Proと有線キーボードで書いています。ソフトウェアキーボードよりもかなりタイプミスが少ないです。

iPhoneの充電もバッチリです。iPad Proから充電することもできるしハブのPD充電を使えば電源一つでiPad ProとiPhoneが充電できます。これ地味に便利。

イヤホンジャック

5DM31364

iPad Pro2018でバッチリ使えます。イヤホンを使いながら充電もできます。唯一の弱点はUSB-CハブをiPad Proに接続するとイヤホンを挿してなくてもイヤホンが接続されたと認識されてiPad Proのスピーカーから音が出なくなりました。USB-Cハブを使いながらイヤホンを使わずに音楽を聞いたりする場合は別途スピーカーが必要になります。ここがイヤホンジャックを挿したらイヤホン認識だったら最高だった。Macみたいに出力先を選択できるようにして欲しいですね。

カードスロット

SDカードとTFカード(microSDカード)が読み込めます。私は主にSDカードスロットしか使いません。iPad Proでもちゃんと使えました。SDカードを挿すとiPad Proは写真アプリを開き読み込みモードになります。読み込み速度も良好です。これでWi-Fiを搭載してない5D Mark IIIでもすぐにiPad Proで写真の確認ができます。

プライベートでSNSに投稿する写真ならRAWではなくJPEGで撮って読み込んでLightroomで現像で十分でした。撮影から現像まで撮影の現地でできるのがいいですね。

HDMI

今まではApple TVを経由してテレビに表示していたのですがネット回線の影響をモロに受けます。我が家はネット回線が遅くよくクルクルマークがでてしまいます。Amazonプライムビデオを良く観るのですが映画でクルクルマークが出てくるとシラケます。

しかしHDMIで有線にしてしまえば全く問題ないです。映像も音声も機能しています。Apple TVは便利ですがやっぱり有線の安心感はハンパないです。テレビにはミラーリングで表示されます。表示はアスペクト比の違いで上下に黒帯がでてしまいますが写真やビデオを表示するとフルスクリーンになります。

このハブは最大4k30fpsまで対応しています。4kテレビは持っていないので確認はできませんが1080pは問題なく表示されました。私の持っているApple TVは2世代目なので最大720pまでしか表示されないのでHDMI接続のがより綺麗に見えます。映画を観ることが多いのでHDMI接続は重宝します。

接続時の遅延はややあります。写真やビデオの鑑賞は問題ありません。ゲームは厳しいかな。というかコントローラーが使えないのでHDMIで表示させてゲームをすることはないですね。


使用中の発熱について。充電しながらHDMIとキーボードを使っても熱いという感覚はありません。ほんの少しだけ温かいかな?ぐらいなので全く問題ないと思います。かなり良い製品ですね。あとは耐久性。こればかりは使っていかないとわからないので壊れたら記事にします。

5DM31365

LANケーブルも刺さります。ホテルなど行った時にWi-Fiではなく有線で接続したいときは良さそうです。

Magic Trackpadやマウスは使えませんでした。Magic Trackpadが使えるようになったらちょっと面白いかもね。

ご支援よろしくお願いします。Amazonほしいものリストはこちらです。

list.png