憧れの白レンズ【EF70-200mm F2.8L IS III】を買った

こんにちは。

ARTISTAです。

我が家もついに白レンズデビュー。

いつも応援ありがとう♪


スポンサーリンク

style=”display:block”
data-ad-client=”ca-pub-9921814526346858″
data-ad-slot=”8482314122″
data-ad-format=”rectangle”>
ついにこの日がやってきました。
趣味でカメラを始めて数十年、仕事として2年半、我が家にも白レンズがやってきました。

Canonのカメラを使っている人なら誰もが憧れるのではないでしょうか。私もその中の一人。白レンズは特別な存在です。

EF70-200mm F2.8L IS III

大三元レンズの一つ「EF70-200mm F2.8L IS III」です。神レンズとも言われるEF70-200mm F2.8L IS IIの後継機です。とは言っても変わったところはレンズのコーティングだけという代物です。

きっとCanonさんはRFレンズを軸に置くのでEFレンズはこうなったのだと思う。もしくは2型が素晴らしいので弄るところがなかったと言ったところでしょうか。

EF70-200mm F2.8L IS IIIを買った理由

発売当初はコーティングだけの変更で30万円弱という強気なCanonさん。しかし発売半年で3型発売当時の2型とさほど買わない価格まで落ちました。これから長い間使うことになるので2型では3型を選びました。

レンズはEF70-200mm F2.8L IS IIIの他にもレンズはたくさんありますがEF70-200mm F2.8L IS IIIではいけなかった理由はただ一つ。

「公私混同」

プライベートでも使いたかっただけなんです。業務で使うだけならEF70-200mm F4L IS II USMで十分なんですが我が子の成長記録にも使いたかったんです。我が子の記録にも使いたい。このレンズとEF24-105mm F4L IS USMがあれば公私共に大抵の撮影はこなせそうですね。

ファーストインプレッション

早速使いまくって見た感想はF2.8なんてほぼほぼ使わない。確かにボケは綺麗です。しかしあんなにボケたら写真が下手になると思いました。何も考えずにボケるからと言ってボケに頼ると構図も何もあったもんじゃない。表現の一つとしてボカすのは良いことですが何が何でも開放F2.8にしてしまいそうな恐ろしいレンズです。とくに「ボケ=おしゃれ」なんてイメージを持っている人は危険です。

AFは爆速なんて言われていますが、期待しすぎたせいでしょうか、体感的には爆速とは思いませんでした。とはいえ通常の撮影には全く問題ありません。

重さはどっしり。1,480gは流石に重い。撮影中は気になりませんが移動時の荷物と化したときは苦になります。ミラーレス時代到来のこの時期に5D Mark IIIとEF70-200mm F2.8L IS IIIはナンセンスとしか言えませんね(汗

では実際に出てくる絵はというと、こちらは完璧です。パープルフリンジもほとんど気にならないですし開放でもしっかりと写ります。欲求は完全に満たしてくれました。

EF70-200mm F2.8L IS IIIを買って思ったこと

決して安価とは言えないEF70-200mm F2.8L IS III。色々期待や憧れを持って購入したことは事実です。が買って大正解と言われたら少しそうとは言い切れないかもしれません。

私がEF70-200mm F2.8L IS IIIを購入して強く思ったことは、

「明るいレンズよりも高感度耐性のカメラ」

明るいレンズといっても開放にしたら表現が大きく変わります。F8で撮りたい写真があったとします。しかし現場は暗い。こうなったらシャッタースピードを下げるか、ISOを上げるか、F値を開放にするかどれかを選ぶわけです。

シャッタースピードは被写体が動かなければ手振れ補正や三脚を使えば良いですが人物となるとある程度のシャッタースピードを確保しないといけません。ISOは高感度耐性があれば可能性の幅は広がります。そして暗い場所でも明るく撮れると言われている「明るいレンズ」が出てくるのですがこちらはF値をコントロールします。

F値で明るさをコントロールはしてはいけない。なぜならF値は被写界深度をコントロールするものであって明るさをコントロールするものでありません。というのが私の考え。F8とF2.8では全く違う写真に仕上がります。

動体を撮影する場合F値を変えずに明るく撮るにはISO感度を上げるしかありません。こうなるとレンズよりも高感度耐性のあるカメラのが重宝します。もしかしたらEF24-105mm F4L IS USMに高感度に強いカメラを買うのが正解だったのかもしれない。

この大きな買い物は実用性よりも憧れで買ってしまった感が強いです。

所有感は半端ない

「所有感」これに関しては抜群です。心が満たされます。そしてサードパーティに妥協しなかったおかげで頭の片隅に白レンズがチラつくこともありません。これが写真の良し悪しには全く関係ありませんがカメラマンのモチベーションは上がるので良しとします。

サードパーティと純正で迷っているあなた、予算が許すなら純正をお勧めします。純正が良いとか悪いとかではなく本当に欲しいものを買いましょう。するとモチベーションはグンと上がります。くだらないことかもしれませんが所有感は大事です。

物欲全開の欲しいものリストはこちらです。

list.png